人気ブログランキング | 話題のタグを見る

漢方セミナー

 こんばんは。今日は、第1回漢方セミナーの様子を少しだけ、報告いたします。
先週の木曜日に路 京華先生を東京からお招きし、「春の養生」というテーマで
お話いただきました。
内容といたしましては、春を快適に過ごすための代表的な処方や、養生茶の試飲、
西洋医学的なうつ病と、中医学的な鬱の違いについてもお話いただきました。
また、2000年前から現代のうつ病の症状と同じ「百合病」という病気が書物に記してあり、
そちらについても対処法をお話いただきました。
今では百合の入っている、「百潤露」という健康食品も売っていますので、
手軽になっていますので、精神的なトラブルのある方や、ドライマウスなどの方に
お勧めです。
 春は、環境の変化も多く、ストレスなどもかかりがちな上、中医学では「肝」の季節。
気の流れを調節する「肝」に負担がかからないよう、のんびりとすごしたり、香りの良いお茶や
食べ物を取り入れましょう。(体質によってとらないほうが良いものもありますのでご相談を)

漢方セミナー_c0132633_2124171.jpg


皆さんまじめにメモをとりながら、そして笑いながらお話をきいてらっしゃいました。
参加された方や、今回参加できなかったお客様からも
「次回はいつセミナーですか?」と質問され、
「今日終わったばかりで、未定です…」と、どぎまぎしましたが、
必ず第2回も開催したいと思います。

私が印象に残ったお話としては、生薬のお話も良かったのですが、
現代では子供たちは家では大事にされていて、外ではいじめにあうようなことがあり、
精神的にとても弱いことが多いと。
家族内では心の底から、イジメることなんてありえないのだから、少しくらい、
愛情をもってイジメてあげることも大事と。
確かに面倒くさくて、情熱をもって叱ったり、注意をしたり、教えたりということが、
昔よりも少なくなっているのかもしれません…と路先生が談笑した部分に
とても考えさせられました。
中医学は、「心」の勉強もできる学問だと、改めて感じました。
最後の皆様へのシメの言葉としては、
「今日お話ししたことは常識ですからね」と。
私や薬局の役割として、中医学の常識を、ちゃんと浸透させる努力をしなくてはならないです。
そして最後に路先生は
「私だって知らないことがいっぱいです、でも何でも勉強するのは楽しいし、
中医学は人生の勉強をするのに素晴らしい学問ですよ。一緒に勉強しましょう」と。
私に言ってくださいました。こんなに偉い先生が、こんなに優しくて、懐が深いなんて…。
感動しました。


セミナーで少しでも中医学のことを色々な角度から少しでも知っていただければ
嬉しいです。
季節に合わせた薬についてや、薬膳、美容法なども今後紹介してみたいです
by touendou | 2010-04-20 21:44

仙台市青葉区二日町6−21NTKビル1F  022-221-7157 HP http://touendou.jp


by touendou