人気ブログランキング | 話題のタグを見る

新型コロナウイルスへの対応 〜自らを守る漢方編〜

ものすごい勢いで感染者が増えて行く新型コロナウイルス。
私もお客様に明日の東京出張を心配していただいています。

さて、ウイルスから自分を守るには「気」の防御作用が重要となります。
特に粘膜などの体表面の「気」である「衛気」が大切。
衛気を補うには玉屏風散(衛益顆粒)に入っている黄耆という生薬が重要です。
また、呼吸器系の乾燥を防ぎ、気を補う生脈散(麦味参顆粒)。
これらは、インフルエンザや、風邪であっても防御するために同じ方法を取ります。

今回のウイルスについては、「湿」が胃腸に溜まってしまっていた患者様が多かったようです。
特に寒さによって溜まった「寒湿」。
これを追い出すには、かっ香正気散(勝湿顆粒)。
湿が沢山たまると、気持ち悪さ、吐き気、下痢などの症状があります。

普段から下痢をしやすかったり、舌の苔が白く多いという方は、寒湿が溜まりやすい
かもしれません。十分に胃腸の養生をすることをお勧めします。
冷たいもの、生のもの、甘いもの、辛いもの、油っぽいものの摂りすぎは、
感染症の流行る時期は特に気を付けましょう。

体が元気な状態であれば、感染しても治る可能性が上がると思います。
時間の経過と共に治療法なども出てきますし、ある程度のところでピークを
迎えることになると思います。
なるべく感染しないよう守ることをうがい、手洗い、マスク、休養などの養生を
しましょう。

普段から風邪をひきやすい方などは漢方相談もおすすめです。





# by touendou | 2020-02-01 15:05 | 漢方全般

新型コロナウイルスへの対応〜自分でできること〜

連日新型コロナウイルスについての報道が出ています。
今日は武漢から200人近くの日本人が帰国し、5名の方が搬送されたそうです。
みなさんが感染者かわかりませんが、はっきりとわかり、回復するまでは感染症の専門病院に
入院ということだそうです。その他の方も暫くの間は経過を見ていくようですね。

ではどのような感染経路であったのか?
飛沫感染、接触感染が大部分。便のなかにもウイルスが出てきます。
まずは、感染者は、飛沫をばらまかないようマスク。他の方も100%でなくとも遮断が
できますので、マスクです。
特に子供は嫌がるかもしれませんが、子供は色々なところを触り、口に手を入れたり触ったりします。
これを防ぐだけでもだいぶマスクは役立つことでしょう。
仙台のドラックストアも大人用マスクがだいぶ品薄になってきています。
マスクは使用したら、耳のゴムを持って捨ててくださいね。

そして完璧を目指すなら、ゴーグル。結膜からの感染予防です。

あとは、もちろんうがい、手洗い、アルコール消毒(ウイルス専用の)

そして睡眠をとること、休養をとること、気分を良くしておくこと。
冷たいものや甘いものを控えた食事をし、胃腸を整えること。
これは、体を戦える状態にしておくということにつながります。
「気」があれば「防御」できます!

まずはここからです。
次回は漢方編です。




# by touendou | 2020-01-29 17:16 | 漢方全般

1月の臨時休業日のお知らせ

1月は23日(木)をお休みいたします
どうぞ宜しくお願い致します

# by touendou | 2020-01-09 17:19

本年も宜しくお願い致します

 昨日午後より2020年の営業をスタートいたしました112.png
本年も宜しくお願い致します。

今日の仙台は昨夜の雪で数センチ積もる朝でした。雨がパラパラと降っているので
歩道の雪はすっかりなくなりました。

寒いと体を温めるためにエネルギーを使い、疲労感が強く出てきます。
体を冷やさないようにするのは冬の養生です。
エネルギーを秋冬でしっかりためて、春夏に向けた体作りをいたしましょう。






# by touendou | 2020-01-08 15:44

蕁麻疹

蕁麻疹のご相談をいただくことがあります。
12月も何件かご相談がありました。
漢方で治そうと思う蕁麻疹は慢性蕁麻疹の方が多いのですが、
稀に他のことでご相談をしてくださっているお客様に急性蕁麻疹の相談をいただきます。
蕁麻疹は程度によっても対応が違います。
私が必ずお話することなのですが、「飲み込みにくい」「呼吸しにくい」という
症状は生命に関わることです。気道が浮腫むということは急を要します。
すぐに病院へ行って欲しいのです。
これだけは守ってください。お願いします。

蕁麻疹は色々な原因で引き起こされます。
食べ物(タンパク質由来が多い)、ストレス、運動や汗、寒暖差
原因を特定しきれないこともあるので、発症した時に食べ物や環境をチェックすることは
大切です。
食べ物に起因しているときは、便秘をしているとなかなか治りにくい時があります。
漢方でも役に立てることはたくさんありますが、急性の重症の時は無理せずに
病院へ行ってくださいね。

年末年始、海老、蟹、牛肉などで蕁麻疹がでたり、湿疹の悪化もあります。
食べ過ぎた時は晶三仙、五行草茶でデトックスしてくださいね。

# by touendou | 2019-12-27 12:40 | 皮膚

仙台市青葉区二日町6−21NTKビル1F  022-221-7157 HP http://touendou.jp


by touendou
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る